園芸学分野(園芸生産環境専攻)

地方から未来を創造する

ジツガク、
No.1へ。

蔬菜園芸学研究室/陳 蘭庄教授

テーマ:植物の生殖様式の解明と、宮崎野菜の活用法を研究

本研究室では、主に2つの研究を行っています。1つ目は、クローン(アポミクシス)植物の生殖様式の解明とその関連遺伝子の捕捉および農業上での応用研究。これまでにアポミクシス性牧草を用いて、その生殖様式を明らかにした上で、アポミクシス特異的遺伝子(ASG-1ファミリー)のクローニング(捕捉)に初めて成功しています。今はその遺伝子の機能解析のため、モデル植物のシロイヌナズナをはじめ、ギニアグラス(牧草)、イネ、サツマイモなどへの遺伝子導入実験を行っています。目指すところは、有用作物にアポミクシス遺伝子を導入して、一代雑種の固定による増収増産品種を作出し、人類の爆発的な増加による食糧危機を回避することです。研究の2つ目は、日本全国に点在する在来野菜の復活方法やその有効利・活用方法の研究。主に宮崎在来野菜である「糸巻き大根」や「日向カボチャ」、「佐土原ナス」などを研究材料として、栽培法から育種法までさまざまな手法を用いながら研究を展開しています。新糸巻き大根、新日向カボチャ、新佐土原ナスの育成と品種登録をすることが目標。室外や室内での実験ができる人材を育てています。

陳 蘭庄教授

研究分野 園芸学分野【園芸生産環境専攻】

研究室全員が一丸となって、楽しく学びあい、高めあいながら、
それぞれの目標に向かって研鑽しましょう。

関連するSDGs

学生の声

日向カボチャの品種改良に向けた実験に挑戦。

「日向カボチャ」の品種改良を目的に、日本かぼちゃと西洋かぼちゃとの種間交雑法を用いた実験を進めています。また、笹サイレージを用いたかぼちゃでの有効性調査実験は今年から始めた研究で、新しい発見が多く、予想に反した結果が出ることも多いため、興味深く研究に取り組めます。

孝橋 優樹さん (兵庫県立佐用高等学校出身)

2020年度卒業論文テーマ

  • 宮崎在来野菜「日向カボチャ」の品種改良優良系統における焼酎粕入り笹サイレージの施用効果の検討

2019年度卒業論文テーマ

  • 集団選抜法による宮崎在来野菜「糸巻き大根」の優良系統育成に向けて~糖度測定と食味調査について~
  • 集団選抜法による宮崎在来野菜「糸巻き大根」の優良系統育成に向けて~採種試験と系統選抜~
  • 宮崎在来野菜「日向カボチャ」の品種改良~種間交雑雑種後代における優良系統選抜~
  • 宮崎在来野菜「佐土原」ナスの品種改良~種間雑種の葯培養による雑種後代獲得の試み~
  • 宮崎県の新しい特産物「日向メロン」作出へのアプローチ研究~品種間雑種後代の自殖による優良系統の育成の試み~
  • アポミクシス性特異的遺伝子の機能解析~イネ科植物の種子培養からのカルス形成とカルスの生育調査について~
  • ゴマ栽培に関わる諸生育条件の検討~三股町借用地での胡麻栽培実験を例として~

果樹園芸学研究室/前田 隆昭 教授

テーマ:南九州の環境に適した果物を探索

近年、地球温暖化が進んでいます。こうした時代に適応するため、当研究室ではマンゴーやアボカドなどの熱帯・亜熱帯の果樹を対象とした研究を行っています。果樹にはそれぞれ多くの品種が存在します。その中で、宮崎県や鹿児島県の南九州に適した品種を探索することを目標に、果樹の品種の特性について日々研究を進めています。また、果樹の生理生態についても研究しています。果物、特にトロピカルフルーツが好きな人や興味のある人は、一緒に研究しましょう。

前田 隆昭 教授

研究分野 園芸学分野【園芸生産環境専攻】

熱帯には未知の果物が沢山あります。
これらを栽培しながら、品種特性や生理生態について研究しています。

関連するSDGs

学生の声

先輩の研究テーマに興味惹かれ、自分も挑戦。

過去の先輩方の研究を調べていた時に、サンショウの無核化実験の論文を見つけ、とても興味を惹かれました。まだ改善できる部分もあったので、私はこのサンショウの無核化実験に挑戦。この研究が進めば、粉山椒の加工法が一気に短縮できるようになります。

與那城 安昌さん(沖縄県立八重山農林高等学校出身)

2020年度卒業論文テーマ

  • 笹サイレージの施用がパッションフルーツの収量および果実品質に及ぼす影響
  • 挿し床用土がナンバンキカラスウリの挿し木繁殖に及ぼす影響
  • ベトナムバナナの収量および果実品質

2019年度卒業論文テーマ

  • ゴレンシの挿し木繁殖に関する研究
  • ジベレリンによるジャボチカバの無核果実生産の可能性
  • ナンバンキラスウリ花粉の人工培地上での発芽に及ぼすショ糖濃度の影響
  • 液肥施用がヒュウガナツの着色に及ぼす影響
  • ジベレリンによるブドウサンショウの無核果実生産の可能性
  • 用土の違いがパッションフルーツとナンバンキカラスウリの挿し木に及ぼす影響

花卉園芸学研究室/長江 嗣朗教授

テーマ:植物の不思議を学びながら、花卉の魅力を探る

花卉(花)が人にどのように関わるのかを考えながら、花卉が人々の生活により深く根差すことを目指しています。
例えば、花をより美しく育成し、その美しい姿をより長く維持するためにはどうすればいいのか。草花、花木、山野草など観賞植物全般を対象に研究を進めています。これまでに取り組んできた主な研究テーマは、切り花の鮮度保持に関する研究や、鉢花の鮮度保持に関する研究。新しい水耕栽培槽を用いた六次産業化植物を検討したり、都城盆地における花公園の作成についても考えています。花卉は食べることができませんが、文明や人々にとって欠かすことができないものです。一緒に植物の不思議を学びましょう。

長江 嗣朗 教授

研究分野 園芸学分野【園芸生産環境専攻】

花が好きな方、自然と触れ合いながら
花の不思議について一緒に学び、考えてみませんか?

関連するSDGs

学生の声

失敗を繰り返しながら、結果を導き出す喜び

新しい水耕栽培装置を用いて、地元の六次産業になり得る可能性のある園芸植物の栽培にチャレンジしています。水耕栽培は、これまでの栽培経験とは違うことも多く、なかなか上手く植物が育ちません。でも、苦労した末に植物が成長した時はとても嬉しいです。

渡辺 匡登さん (愛知県立豊橋西高等学校出身)

2020年度卒業論文テーマ

  • 光強度がチューリップ切り花の花持ち期間に及ぼす影響について
  • 南九州における安心安全なゴマの増収についての研究
  • 主要な数種切り花における観賞期間中の品質の変化について
  • 開花時における花の香りの強度について
  • 水耕におけるメロンの新しい栽培方法の確立
  • 鰐塚山の標高1000m付近における維管束植物の南限種および希少種の生育状況について

2019年度卒業論文テーマ

  • ドライフラワーの色彩保持に関する研究
  • バラ切り花の鮮度保持に及ぼす湿度の影響
  • 6次産業を目的としたゴマの収量増加のための研究
  • 水耕栽培槽を用いたメロン栽培技術についての研究
  • プチヴェールの収量増加及び品質向上のための栽培実験
  • 地域における花公園へのワイルドフラワー導入に向けた生育試験

環境保全園芸学研究室/山口 健一 教授

テーマ:雑草防除が可能な微生物をみつけて、化学農薬を減らしたい!

農薬や化学肥料に過度に依存した慣行農業の改善を目的として、ICM(総合的作物管理)など環境と調和した園芸生産に関する実験科学的な研究をフィールドとラボ(実験室)で行っています。

山口 健一 教授

研究分野 園芸学分野【園芸生産環境専攻】

21世紀は環境の時代です。
人と環境にやさしい植物保護・防疫について学びを深めましょう。

関連するSDGs

学生の声

雑草を防ぐ効果のある菌を調べています。

雑草を防除できる有用微生物(糸状菌)の探索と機能解析を行っています。強害雑草のカヤツリグサの病斑から糸状菌を取り出し、実際に植物を使って有用性を検定。糸状菌をシャーレで培養すると、種類によって色や広がり方が異なり、その一つひとつを眺めるのがおもしろいです。

寸賀 里奈さん (山口県立華陵高等学校出身)

2020年度卒業論文テーマ

  • サツマイモ多収品種シロユタカに内生する糸状菌フロラ
  • 外来雑草マツヨイグサ類から分離される糸状菌について
  • カヤツリグサ科植物から分離される糸状菌とその除草活性
  • 外来水生雑草Salviniaの増殖因子とバイオコントロールの可能性
  • 果樹園で繁殖するツユクサ科雑草から分離される糸状菌の性状
  • 観賞植物として導入されたCoreopsisの生理生態と生物的制御の可能性
  • 南九州で繁殖するキク科外来雑草から分離される糸状菌フロラ
  • イネ科セイバンモロコシから分離される糸状菌とその除草活性

2019年度卒業論文テーマ

  • ヒエ属から分離される糸状菌のヒメタイヌビエに対する除草活性
  • 意図的導入植物 Lantana camara に発生する葉枯れの生物要因
  • 海外逸出雑草イタドリに除草活性を示す内生糸状菌
  • 関東で発生するクログワイから分離される糸状菌の微生物学的解析
  • 要注意外来雑草ムラサキカタバミの内生菌について
  • 水田で発生する Lemna sp. の繁殖抑制要因と農薬による影響
  • 抽水性外来雑草オオフサモの増殖因子と化学的防除
  • 酢酸の除草活性と園芸植物に及ぼす影響
  • 浮遊性外来雑草ボタンウキクサの増殖因子と化学的防除

資源植物生産学研究室/廣瀬 大介教授

テーマ:まだ解明されていない、作物根系のナゾを読み解く。

施肥窒素の量や形態の差異が、作物根系の形成に及ぼす影響を明らかにして、より生産性の高い作物を作り出すための基礎的な知見を得ようとしています。主な研究テーマとしては、種々な栽培条件の違いが、作物根系の構造と分布様相にどのような影響を及ぼすのか。フラクタル解析を用いて明らかにしています。作物の生産性と根系の構造・分布様相の関係は、未だ解明されていないことが多いです。根系形態の解明は根気のいる研究ですが、その分、高い達成感が得られます。一緒に研究してみませんか。

廣瀬 大介 教授

研究分野 園芸学分野【園芸生産環境専攻】

根の研究は、つい最近になって注目され始めた分野です。
このため、日々新たな発見に出会えます。

関連するSDGs

学生の声

水稲を用いて、うわ根の発達の違いを探っています。

温室内で育てた水稲にアンモニア態窒素や硝酸態窒素を施用して、それぞれのうわ根の長さや構造、分布様相を調査し、うわ根の発達様相がどう違うのか研究しています。作物の栽培管理は大変ですが、日々成長する様子を見るのはやりがいを感じますね。

藤本 誠司さん (香川県立農業経営高等学校出身)

2020年度卒業論文テーマ

  • 最高分げつ期以降の水稲の生育と根長におよぼすアンモニア態窒素と硝酸態窒素の影響

2019年度卒業論文テーマ

  • 幼苗期の施肥窒素の化合形態と施用開始時期の違いが水稲の生育と根系発達に及ぼす影響

農産物貿易研究室/姜 暻求教授

テーマ:東アジアの園芸農産物貿易の実態を分析

東アジアの園芸農産物貿易を研究しています。主な対象国は日本、中国、韓国です。貿易は各国の生産・消費・流通のみならず、貿易当事国間の協定によって大きく左右されます。そのため、日中韓の諸事情を、インターネットや現地調査で、資料やデータを集めて分析しています。主な研究テーマは、日韓の主な農産物生産費・卸売市場価格の比較分析や、青果物の産地及び、消費地・流通に関する日中韓比較研究など。日本では近年、野菜消費量の20%、果実消費量60%が輸入品です。園芸農産物の生産者も消費者も、輸出入は切り離せない重要なテーマ。一緒に、東アジアの園芸経済について勉強しませんか。

姜 暻求 教授

研究分野 園芸学分野【園芸生産環境専攻】

一緒に東アジアの農業・食料事情を勉強し、
この地域のフードビジネスで活躍する人材になりましょう。

関連するSDGs

学生の声

大好きなブドウの流通の仕組みが知りたい!

姜教授の経済学の授業を通して、私たちの生活を支える流通の仕組みに興味を持ったのが、この研究室に入ったきっかけです。私の大好きなブドウと流通を掛け合わせた研究をすることで、学んだことをより効率よく、具体的に自分のものにできると感じています。

小林 月紫さん (神奈川県立相原高等学校出身)

2020年度卒業論文テーマ

  • 露地ブドウ農家の経営発展可能性
  • 宮崎県の県外ゴルフ観光客が与える地域経済効果分析
  • コーヒー2050年問題と我が国におけるフェアトレード
  • 果実に対する消費者行動と消費拡大に関する一考察
  • 我が国における農福連携の現状
  • 我が国における肉用牛生産と価格動向について

2019年度卒業論文テーマ

  • 農産物直売所のHealing機能構図に関する研究