学科紹介

地方から未来を創造する

ジツガク、
No.1へ。

環境園芸学部 環境園芸学科

「緑」と「人」の学びがクロスするフィールドでスペシャリストを目指す!

知識と実践力を兼ね備えた園芸・造園・自然環境の専門職業人を育成します。

開学と共に50年以上の歴史の中で培われた確かな研究教育環境のもと、人と自然が共存共栄することの重要性を深く認識し、科学的知識と実践力を修得するとともに、豊かな感性を身につけた「園芸」「造園」「自然環境」のスペシャリストを育成します。

こんな人を待っています

  • 新しい品種の野菜をつくりたい人
  • おいしい果物をつくりたい人
  • 造園技術を身につけたい人
  • 花やガーデニングに興味がある人
  • 自然環境を守りたい人

環境園芸学科の魅力

園芸・造園・自然環境の専門分野にかかわる多様で学術的な知識や方法論について体系的に学習します。

「専門職業人」を育てる3つの分野

日本は、地球温暖化や異常気象、少子高齢化や人口減少などの問題を抱えています。課題を解決することが急務と考えられています。
環境園芸学科では、「園芸学分野」「造園学分野」「自然環境分野」の3つの分野から社会の課題解決に取り組み、農業の発展や人と自然との共存共栄、魅力と潤い溢れる花と緑の都市環境や居住空間の創造などにより、持続可能な循環型社会の実現を目指し、専門職業人の育成を行っています。

50年以上の研究実績

50年以上の実績から育んできた環境園芸学科の特色のひとつに、座学と実学が融合した教育カリキュラムがあります。
座学(講義)教育で科学的知識を十分に理解したうえで、温暖で日照時間が長い気候の南国宮崎に位置する環境園芸学部附属農場「フィールドセンター」、宮崎県内の農地、南九州の豊かな自然環境などでの実学教育を通じて、知識と技術が融合することで、専門性と実践力が高いスペシャリストを育成しています。

最新の施設・設備

講義で理解した知識を実践として学ぶための実験機器や圃場が整っています。学生実験室は、園芸生産環境専攻、植物バイオ・育種専攻、自然環境専攻ごとに整備されています。
また、キャンパス内に文部科学省の設置基準を満たした環境配慮型の附属農場「フィールドセンター」があり、圃場・温室や造園技術向上のための施設・設備、樹林地など実践的に学ぶ環境が整っています。

取得できる資格・免許等

  • 高等学校教諭一種免許状(理科・農業)
  • 中学校教諭一種免許状(理科)
  • 学芸員
  • 樹木医補
  • 測量士補
  • 園芸装飾技能士
  • 造園技能士
  • 自然再生士補
  • 生活園芸士 ほか

その他の資格・免許はこちらからご確認いただけます。

主な就職先

  • 行政機関
  • 高等学校・中学校教諭、実習助手等
  • 進学(大学院・留学)
  • JAおよび各種団体関連
  • 農業(園芸)関連企業
  • 研究(植物バイオ)機関
  • 造園(建設・設計)関連企業
  • 緑化及び花卉関連機関 ほか

その他の主な就職先はこちらからご確認いただけます。

研究室一覧

園芸学分野

園芸生産環境専攻

  • 環境保全園芸学研究室
  • 果樹園芸学研究室
  • 花卉園芸学研究室
  • 蔬菜園芸学研究室
  • 資源植物生産学研究室
  • 農産物貿易研究室

植物バイオ・育種専攻

  • 園芸育種学研究室
  • 植物病理学研究室
  • 植物資源利用研究室

造園学分野

造園緑地専攻

  • 造園計画研究室
  • 地域景観学研究室
  • 緑地環境情報学研究室

花・ガーデニング専攻

  • 庭園デザイン学研究室
  • 社会園芸研究室

自然環境分野

  • 昆虫生態学研究室
  • 植栽環境研究室
  • 緑地保全学研究室