お知らせ

地方から未来を創造する

ジツガク、
No.1へ。

お知らせメディア掲載

教育学術新聞に掲載されました(昆虫学/新谷喜紀教授)

教育学術新聞に、南九州大学 環境園芸学科 昆虫生態学研究室新谷喜紀教授の記事が掲載されました。研究者にクローズアップした記事の中で、「昆虫にまつわる研究者」として紹介されています。

<記事より一部抜粋>
とにかく自然に恵まれ、キャンパス周辺には、驚くほど色々な昆虫がいるのだ。このような環境で、常に研究教育の展開について思案を巡らせているのだが、自身が雪国生まれということもあり、元々季節的な環境の変化に対してどのように生物が適応しているかに関心が深かった。

昆虫とは、学問的な研究の対象としても興味が尽きないが、無限の広がりを秘めた生物資源なのだ。

 

▼記事内の研究についてはこちら
南九州大学と農研機構等との共同研究成果がPNAS掲載 ハスモンヨトウのオスの発生を止める新規共生ウイルスを発見

 

掲載日メディア記事

2024年 5月22日

教育学術新聞

昆虫のライフサイクル研究とともに
―地域と世界を結ぶ昆虫学―