特待生・免除制度等について

地方から未来を創造する

ジツガク、
No.1へ。

2022年度入試 特待生・免除制度一覧


※1 特待生制度の併用はできません。但し、「都城地区入学金全額免除制度」のみ他の特待生制度と併用可能です。
※2 特待生(授業料全額免除及び半額免除)の2年次以降継続条件有ります。継続条件についてはこちらを参照ください。

特待生申請書ダウンロード

特待生申請には、本学所定の用紙による申請が必要となります。下記よりダウンロードください。
詳細については入試広報課までお問い合わせ下さい。

特待生申請書

『総合型選抜』に適用される特待生・免除制度

  • 総合型選抜(I期)特待生制度(全学科対象)

    特待生採用者は入学金全額(250,000円)を免除します。但し、管理栄養学科は入学金半額(125,000円)を免除します。

    対象学科・採用者数免除額
    環境園芸学科 10人、子ども教育学科 5人、食品開発科学科 3人250,000円
    管理栄養学科 6人125,000円
  • 日本学校農業クラブ活動特待生制度
    (環境園芸学科及び食品開発科学科対象:総合型選抜にのみ適用
    1. 授業料全額・入学金全額免除・・・全国大会各種目・区分で最優秀賞に選出された者
    2. 授業料半額・入学金全額免除・・・全国大会各種目・区分で優秀賞に選出された者
    3. 授業料半額・入学金全額免除・・・全国大会「意見発表会」の出場者
    4. 入学金全額免除・・・全国大会出場者及びクラブ代表者会議参加者
      ブロック大会「意見発表会」「プロジェクト発表会」の出場者
  • フラワーアレンジメントコンテスト特待生制度[産業教育フェア]
    (環境園芸学科及び食品開発科学科対象:総合型選抜にのみ適用
    1. 授業料全額・入学金全額免除・・・文部科学大臣賞・金賞を受賞した者
    2. 授業料半額・入学金全額免除・・・銀賞・銅賞を受賞した者
  • 日本農業技術検定特待生制度
    (環境園芸学科及び食品開発科学科対象:総合型選抜にのみ適用
    1. 授業料全額・入学金全額免除・・・1級合格者(学科試験)
    2. 授業料半額・入学金全額免除・・・2級合格者(〃)
  • 技能五輪(造園)全国大会特待生制度
    (環境園芸学科及び食品開発科学科対象:総合型選抜にのみ適用
    1. 授業料全額免除・・・金賞を受賞した者
    2. 授業料半額免除・・・銀賞・銅賞を受賞した者
  • 全国造園デザインコンクール特待生制度
    (環境園芸学科及び食品開発科学科対象:総合型選抜にのみ適用
    1. 授業料全額免除・・・特別賞を受賞した者
    2. 授業料半額免除・・・入選した者
  • 造園技能士検定特待生制度
    (環境園芸学科及び食品開発科学科対象:総合型選抜にのみ適用

    授業料半額免除・・・2級合格者

『学校推薦型選抜』に適用される特待生・免除制度

  • 学校推薦型I期(指定校・公募)特待生制度
    (全学科対象:学校推薦型選抜I期に適用)

    特待生採用者は入学金全額(250,000円)を免除します。
    【指定校の場合】特待生に採用されなかった場合でも、選考の上、成績が基準を満たしていれば合格とし、
    入学金半額(125,000円)を免除します。

  • 学校推薦型選抜II期(指定校)入学金半額免除制度
    (子ども教育学科対象:学校推薦型選抜II期に適用)

    学校推薦型選抜II期を指定校推薦で受験した場合、合格者全員入学金半額125,000円を免除します。

『一般選抜』に適用される特待生・免除制度

  • 一般選抜(I期)特待生制度(全学科対象)

    一般選抜(Ⅰ期)の成績で特待生を決定します。

    1. 授業料全額免除…各学部の成績一位の者
    2. 授業料半額免除...各学部の成績二位の者
    • 条件を満たした場合2年次以降も継続します。継続条件についてはこちらを参照ください。

『共通テスト利用選抜』に適用される特待生・免除制度

  • 共通テスト利用選抜特待生制度(全学科対象)

    大学入学共通テストの成績で特待生を決定します。
    授業料全額免除…本学が指定した教科(科目)の平均点が85点以上の者

    • 条件を満たした場合2年次以降も継続します。継続条件についてはこちらを参照ください。

『社会人選抜』に適用される特待生・免除制度

  • 社会人選抜入学金全額免除制度(全学科対象)

    社会人選抜合格者は、入学金全額(250,000円)を免除します。

『全ての入試区分』に適用される特待生・免除制度

  • 保育技術検定特待生制度 (子ども教育学科対象:全入試に適用)
    1. 初年度授業料半額免除・・・1級(全種目)合格者
    2. 初年度授業料四分の一免除・・・1級(3種目)合格者
  • 沖縄県・鹿児島県諸島入学金全額免除制度(子ども教育学科対象:全入試に適用)

    沖縄県及び鹿児島県諸島出身者の合格者全員入学金全額250,000円を免除します。

  • 南九州学園入学金全額免除制度(全学科対象)

    次のいずれかに該当する者は、入学金の全額250,000円を免除します。該当者は『入学手続時』に申請してください。

    1. 本学または南九州短期大学のいずれかに入学したことのある者
    2. 本人の2親等以内の親族が、本学または南九州短期大学のいずれかに入学したことのある者
    3. 入学予定年度に複数の兄弟姉妹が同時に本学または南九州短期大学のいずれかに入学するときは、これらの者のうち後順位の者
  • 都城地区入学金全額免除制度(環境園芸学科及び子ども教育学科対象:全入試に適用)

    都城キャンパスは、本学と都城市による公私協力により設置されました。それに伴い、次のいずれかに該当する者が都城キャンパスの学部・学科を受験し合格した場合、入学金全額250,000円を免除します。
    該当者は出願時、願書の申請欄に○印を付けてください。

    1. 都城地区の高等学校卒業者、または卒業見込みの者
      (都城泉ヶ丘・都城農業・都城西・都城商業・都城工業・高城・都城・都城聖ドミニコ・都城東)
    2. 都城市の住民並びに住民の子

注意事項

  1. 授業料全額または半額免除については継続条件があります。継続条件は以下を参照してください。
  2. 特待生・免除制度等は併用できません。ただし、都城地区入学金全額免除制度については併用が可能です。

特待生(授業料全額免除及び半額免除)の2年次以降継続条件

対象となる特待生制度

  • 一般選抜(I期)特待生制度
  • 共通テスト利用選抜特待生制度
  • 技能五輪(造園)全国大会特待生制度
  • 全国造園デザインコンクール特待生制度
  • 造園技能士検定特待生制度
  • 日本学校農業クラブ活動特待生制度
  • フラワーアレンジメントコンテスト特待生制度
  • 日本農業技術検定特待生制度

4月1日現在で選考し、1.及び2.を満たすこと

  1. 修得単位(卒業要件単位)が
    1年終了時……… 40単位以上(子ども教育学科は 35単位以上)
    2年終了時……… 80単位以上(〃70単位以上)
    3年終了時………120単位以上(〃105単位以上)
  2. (授業料全額免除)各学年の終了時の成績がいずれも各学科の上位10%以内
    (授業料半額免除)各学年の終了時の成績がいずれも各学科の上位15%以内

    • ただし、前年度まで全額免除だった者が上位10%に漏れた場合でも、15%以内であれば半額免除とする。(共通テスト利用選抜特待生制度を除く)

入学検定料の免除・複数試験区分受験者への減額について

本学では複数の試験区分の受験を認めており、入学検定料の免除・減額があります。

 

  1. 不合格者が他の試験区分を受験する場合には、一回に限り入学検定料を免除します。
  2. 一般選抜(I期・II期)と共通テスト利用選抜(I期・II期)を同時に出願する場合、入学検定料については下記の通りとします。(上記1の適用を受けていない者に限ります)
    ※出願書類は出願用封筒にすべてまとめて提出してください。
    なお、入学願書(写真貼付)・調査書等はそれぞれ試験区分ごとに必要ですが、受験票送付用封筒は1枚だけ同封してください。
    (1)一般選抜(I期)・共通テスト利用選抜(I期)……….40,000円
    (2)一般選抜(II期)・共通テスト利用選抜(II期)……..40,000円

学校法人南九州学園災害等罹災者学納金減免制度について

本学では「災害対策基本法」に定める災害の罹災及びそれに準ずる事態等を原因とする経済的困窮により、学納金の支払いが著しく困難であると認められる入学希望者に対して、入学検定料及び学納金を免除する制度があります。

  1. 入学検定料
    出願時に、願書の申請欄に○印を記入の上、罹災証明書を添付してください。
    なお、申請者は入学検定料を同封しないようにしてください。
  2. 入学金及び年間授業料(罹災状況により全額又は半額)
    入学後に、減免申請書及び本学の請求する書類を提出してください。
    詳細につきましては、学生支援課までお問い合わせください。

    学生支援課はこちら